HOME » みずみずしい肌を保つには?美肌をキープする方法 » 頬のたるみ

頬のたるみ

頬のたるみは、なぜできるのか。そのメカニズムと効果的な対処法について見ていきましょう。

たるみのメカニズム

肌のたるみを引き起こす原因には、主に以下のような理由があります。

コラーゲンの減少

コラーゲンは真皮に存在する成分の一つで、肌のハリを保つために重要な役割を担っています。そのため、コラーゲンが減少することで、たるみを引き起こす大きな要因となるのです。

赤ちゃんの頃は真皮の中にぎっしり詰まっているコラーゲンも、年を重ねるごとにどんどん減少していき、真皮を支えられなくなります。

また、紫外線を過剰に浴びると皮膚内に活性酸素が増え、コラーゲンが破壊されてしまうため、肌がたるむ原因となります。

筋肉の縮み

「肌がたるむのは筋肉が緩んでいるから」というイメージがありますが、実は緩みではなく筋肉が縮んでいることが大きな原因となっています。

筋肉が縮むことで皮膚が引っ張られ、肌にたるみやシワができます。その上、加齢によって筋肉は硬くなるので、そのたるみやシワがそのまま肌に刻まれてしまうのです。

また、加齢とともにコラーゲンの量も減少してしまうため、皮膚が縮んだ筋肉に引っ張られやすくなり、たるみやシワをまねきます。

肌の乾燥

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの成分が不足してしまうと、肌のバリア機能が損なわれて乾燥を生む原因に繋がります。

さらに、肌が乾燥すると皮膚細胞の働きが低下してしまうため、ターンオーバーがきちんと行われずシワやたるみができやすくなってしまうのです。

新陳代謝の低下

身体の新陳代謝が悪くなると、体内に脂肪がたまってしまいます。顔は身体と違って運動などで脂肪を落とすことが難しいため、一度溜まるとどんどん蓄積されていきます。

溜まりにたまった脂肪の重みで皮膚が下がっていき、たるみを作る原因となってしまうのです。

頭皮のたるみ

頭と顔は一枚の皮膚でつながっているため、頭皮がたるむと顔にも大きな影響を与えてしまいます。

頭皮がたるむのは、主に重力による垂れ下がりや頭皮が固くなることが原因だと言われています。

頭皮が固くなると血流やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まることになるのです。顔と頭皮もしっかりケアして柔らかくしておくことが大切です。

生活習慣

普段の生活で何気なく行っている習慣も、肌をたるませる原因になります。

その代表的なものが「頬杖」です。テレビを観ているときやお家でリラックスしているときなど、気付かないうちに頬杖をついていることは多いのではないでしょうか。

頬杖をつくと手をついている側の皮膚が伸びてしまうため、肌がたるむ原因となるのです。

また、下を向いてスマホばかり見るのも皮膚が垂れ下がりやすくなり、たるみを生む要因に繋がるので注意が必要です。

そのほか、姿勢が悪い、横向きで寝る、表情が少ないなどの生活習慣を送っていると、たるみを引き起こしやすくなってしまいます。

甘いものの食べ過ぎ

甘いものをたくさん食べると、「AGE」と呼ばれる老廃物が蓄積されやすくなってしまい、皮膚細胞の働きが衰えてしまいます。

細胞が衰えると肌の新陳代謝も悪くなり、シワやたるみができる原因となるのです。

頬の他にもあらゆる部分がたるむ

たるみは頬の他にも、さまざまなところに現れます。主にたるみやすいところは、以下のとおりです。

  • まぶた
  • 目の下
  • ほうれい線
  • あご部分
  • 首元

まぶたや目の下のたるみは、脂肪を支えている筋膜が緩むことで発生します。

また、加齢によりまぶたの皮膚や挙筋腱膜(きょきんけんまく)が伸びたり脂肪が減少してくぼみができたりすることで、たるみが生まれます。

その他、加齢によって顔の筋肉が緩むことで脂肪や皮膚が垂れ下がり、ほうれい腺が深くなったり二重あごができたりします。

また、顔以外に首元もたるみやすい部分です。首元は身体の中で最も皮膚が伸び縮みする箇所なので、たるみもできやすいのが特徴です。

ケアをしているか、していないかの差が一目瞭然で分かる部分でもあるので、顔だけでなく首元もきちんとケアすることが大切です。

なんとたるみは20歳から始まってしまう!

20代後半頃から徐々に皮下脂肪の新陳代謝が悪くなったり、コラーゲンの生産量が少なくなったりといった症状が起こり始めます。

そのため、肌機能が低下してシワやたるみができやすくなってしまうのです。

また、真皮層の下にある脂肪層が減り始めるのも20代頃からです。脂肪層が減ることで皮下脂肪を支えきれなくなり、重みで皮膚が下に垂れ下がってしまいます。

シワやたるみなどの症状は年を取ってからできるものというイメージが強いですが、実は20代頃からすでに進行が始まっているのです。

若いからといってケアを怠っていては、肌の老化を早めてしまう原因になります。きちんとケアをするようにしましょう。

たるみを引き起こさないために行うべきこと

外側の対策

紫外線を過剰に浴びない

たるみを作る大きな原因は、紫外線です。紫外線を過剰に浴びると、肌のハリを保つエラスチンやコラーゲンなどがダメージを受け、皮膚細胞が傷ついてしまいます。

その結果、シワやたるみができやすくなってしまいますので、外出時は日傘や帽子などでしっかり日焼け対策をすることが大切です。

ハードなダイエットはしない

ダイエットをして急激に皮下脂肪が減少すると、痩せた分の皮膚が余ってたるみになります。

また、一旦痩せた後にリバウンドすると、増加した皮下脂肪の上を覆う皮膚が伸びて、元に戻りにくくなってしまいます。

このように太ったり痩せたりを繰り返していると、皮膚が老化して肌がたるむ原因となるので無理なダイエットはしないことです。

肌を乾燥させない

肌が乾燥すると、皮膚の弾力を保つエラスチンやコラーゲンの生成が少なくなります。

また、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなり、たるみができやすくなるため注意が必要です。

肌を乾燥させないためには美容液での保湿ケアや、冷暖房に当たりすぎないように気を付けるなどの対策を心がけるといいでしょう。

むくみを改善する

むくみを繰り返していると、皮膚の弾力線維(だんりょくせんい)が伸びてしまいます。

また、体内にたまった老廃物の重みで皮膚がたるむ原因となるため、むくみやすい方は注意が必要です。

むくみを改善するために、マッサージなどでリンパの流れを促して老廃物を排出するようにしましょう。

表情筋を鍛える

頬は重力の影響で下がろうとする力が自然と働きます。

若い頃はハリがあるため、重力にも負けない弾力を保てています。しかし、年を重ねると次第にその力も衰えていきます。

年齢を重ねても重力に負けない肌のハリを保つには、表情筋を鍛えることが効果的です。

大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」と発音し、そのまま5~10秒ほどキープすると表情筋をしっかり動かすことができます。

また、への字口は頬をたるませる大きな原因になります。普段から口角を上げて笑顔を保つように心がけると、自然と表情筋が鍛えられたるみを防げます。

顔の歪みを矯正する

顔や身体が歪むと、頬の皮膚が必然的に下に引っ張られたるみとなります。

歪みをなくすには、普段から姿勢を良くする、頬杖をつかないようにする、顔のエクササイズをするなどの対策を行うことで改善できます。

また、骨盤の歪みを正す簡単な体操をすることで、身体全体のバランスが良くなって顔のたるみが解消できるほか、ダイエットにも効果が期待できます。

内側の対策

たるみを予防・改善するには、美肌に必要な栄養素をきちんと補うことが大切です。肌にとって必要な栄養素には以下のようなものがあります。

【ビタミン】

ビタミンには、コラーゲンの生成をサポートする働きがあります。シワやたるみの原因となる活性酸素を除去してくれるため、アンチエイジングに高い効果が期待できます。

ビタミンが含まれている主な食材には、

  • レモン
  • パプリカ
  • キウイ
  • アセロラ
  • いちご

があります。普段の食生活から、これらの食材を積極的に摂るように心がけましょう。

【タンパク質】

タンパク質は、肌や髪などを形成している人の身体にとってとても重要な成分です。また、コラーゲンを生成するためにも欠かせない成分となるので、たるみの改善にも効果的です。

タンパク質が多い食材は、

  • 肉類
  • 魚類
  • 卵類
  • 大豆類
  • 乳製品

などがあります。タンパク質を積極的に摂ることで肌のたるみだけでなく、身体全体の健康を維持することができます。

【必須脂肪酸】

角質の細胞同士を繋ぐセラミドには、皮膚の乾燥を防ぐ役割があります。そのセラミドを構成するリン脂質は、リノール酸やリノレン酸などの必須脂肪酸によって作られているのです。

そのため、セラミドを作るには必須脂肪酸を摂るのが効果的です。リノール酸やリノレン酸が含まれている食材は以下のとおりです。

リノール酸

  • 紅花油
  • ひまわり油
  • コーン油
  • ゴマ油
  • 大豆油
  • くるみ

リノレン酸

  • ひまわり油
  • コーン油
  • ゴマ
  • 大豆
  • 藻類
  • 月見草油

動物性脂肪、植物性油、魚油を4:5:1の割合で摂るのが理想的です。

【ミネラル】

ミネラル成分のひとつである亜鉛は、コラーゲンの生成や肌の新陳代謝を高めるために欠かせない栄養素。また、肌の酸化を防ぐ効果もあるため、シワ・たるみの改善に効果的です。

亜鉛を多く含む食材は、

  • 牡蠣(かき)
  • うなぎ
  • 牛肉
  • チーズ
  • レバー
  • 大豆類

などがあります。

亜鉛の他にも、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、イオウなどのミネラル成分も肌にとって欠かせない栄養素です。

皮膚のスペシャリストに助けてもらう

たるみを改善・予防するためには自分でできる対策もありますが、それでも良くならない場合、美容皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科ではレーザーを照射したり熱を加えたりして、コラーゲンの生成を促す施術が行われています。

特に、熱を加える方法は、真皮に働きかけてコラーゲンを収縮させてくれるので、肌への効果が実感しやすいでしょう。

また、目立ちやすい目元のたるみには、ヒアルロン酸注入やレーザー機器を使ってハリを与えていきます。

近年では、レーザー機器が発達していることから、下まぶた・上まぶたともに気になる目元のたるみをしっかり改善することができるのです。

しかし、眼瞼下垂(がんけんかすい)を伴う上まぶたのたるみの場合は、眉下切開法という手術を行う必要があります。

この手術は若いうちに受けると傷が目立つ可能性があるため、50歳以降の方におすすめの手術です。

このように美容皮膚科では、さまざまなたるみ改善の施術が行われています。

30歳を超えた辺りから積極的にこれらの施術を受けておくことで、たるみの進行を遅らせることができます。